ドッピーカン -からだにやさしい こころにおいしい 台所-

健康・美容をメインとしたブログで、日本ならではの旬や行事、或いは世界の食文化などもお伝えする内容。 ひとりひとりが食事を通して心も身体も心地よく、元気になることを目指し、快晴を意味する「ドッピーカン」の語を用いました。 また、時として読者が周囲の成人の方は勿論、子どもや高齢者のために知識をシェアできるよう、幅広い方が読めるような内容にしていきたいです。

オイルについて考える【風味を活かして編】

f:id:harukaik922:20170630225758j:plain

梅雨の最中、蒸し暑いと感じる日も多くなってきました。

 

じんわりと汗をかく陽気だと、

冷たいものやちょっぴり味の濃いものが美味しく感じますね。

 

実際、冷たいものの方が温かいものよりも

味覚が鈍感になりますので、

知らないうちに食塩を摂っているかもしれません。

 

食塩を控えて、美味しく食べる方法はいろいろあるのですが

様々なオイルを使って、香りや風味を楽しむのもひとつの方法です。

 

 いちばんポピュラーで馴染みのあるものだと

ごま油やオリーブオイルがありますね。

 

ごま油だと、抗酸化に効果がありアンチエイジングが期待できる、

セサミンビタミンEが一緒に摂れます。

 

オリーブオイルは、含まれるポリフェノール

抗酸化効果に加えて、免疫力を高める効果があるといわれています。

 

加熱に強いので、炒めもの・焼きものでもいいですし

生でサラダやパンと一緒に頂くのにも向いている万能なオイルです。

 

とうがらしなどのスパイスを浸けて風味を足すのもバリエーションが増えます。

 

 

変わったものでは

私が最近気に入っている、クルミオイルもおすすめです。

独特の香りがしますが、少量の塩を加えて

パンやほうれん草などの青菜にかけると美味しいです。

 

いろいろ使い分けると料理の味に幅が生まれ

少ない塩分でも美味しく、リッチな味わいになるでしょう。

 

是非、試してみてくださいね。