ドッピーカン -からだにやさしい こころにおいしい 台所-

健康・美容をメインとしたブログで、日本ならではの旬や行事、或いは世界の食文化などもお伝えする内容。 ひとりひとりが食事を通して心も身体も心地よく、元気になることを目指し、快晴を意味する「ドッピーカン」の語を用いました。 また、時として読者が周囲の成人の方は勿論、子どもや高齢者のために知識をシェアできるよう、幅広い方が読めるような内容にしていきたいです。

大正 善玉なのに青汁

普通は、善玉と言えば乳酸菌とかそっちの方を想像しますが、これは乳酸菌の入った青汁のことです。

健康について考える機会もありこういった、手っ取り早い系のものは非常に助かります。

湯船に浸かりながら歯磨きをするようなもので、青汁を飲みながら乳酸菌も取れるのは、50歳を過ぎた大人にはとてもうれしい事です。

大正製薬は、まさしく製薬会社ですから効果の方も期待できそうです。

 

f:id:harukaik922:20180508132157p:plain

 

普通においしそうです。

青汁は、まだまだ進化していきそうです。

青汁に混ぜられるものとしては、乾燥している粉末で健康によさそうなものですから

納豆菌などももしかしたら、「納豆菌青汁」で発売される可能性はありそうです。

写真は、今の季節だからかグラスに氷が入っていて夏向きなイメージがしますね。

大正 善玉の乳酸菌青汁はこれからの季節にとってもよさそう。

スポーツの時の水分補給などにも活躍しそうです。

 

 

冷え込む夜には

 

f:id:harukaik922:20171202222551j:plain

関東は冷たい雨が降る夜。

 

今年の冬は、

いつもより早く寒くなっていくと予報も出ていました。

 

こんな時は

みんなで鍋を囲むのもいいですね。

 

大根やごぼう、

にんじんといった

根菜をはじめとする

冬が旬の野菜は

身体を温める働きがあるので、

しっかり摂りたいものです。

 

特に白菜は

うま味成分である、

グルタミン酸がとても多いと言われています。

 

これは昆布やトマト

チーズなどと同じうま味成分です。

 

そういった理由でも

鍋には欠かせない存在になっているのですね。

 

また、きのこもかさ増し、

うま味アップ効果に加えて

 

免疫力アップのフィトケミカル

βーグルカンがたっぷり。

 

これからの身体を壊したくない季節にも

一役かってくれます。

 

我が家では最近では

しめじがヘビーローテーションでてきます(笑)

 

2〜3種類入れてあげると

鍋の中も賑やかになってくれますよね。

 

刺激が苦手でなければ

おいしさアップに

生姜や柚子こしょうなど

香辛料を足してあげると

より身体を温める効果が上がります。

 

また、しらたきなどのこんにゃく系も

かさ増し、食物繊維アップになりますね。

 

 具材を切って手軽にでき、

そして家族や仲間との

コミュニケーションとしても

暖かい鍋を囲んで

冬のひとときを

楽しんでいきたいですね。

 

感謝祭の1週間

 

f:id:harukaik922:20171202221644j:plain

日本ではあまり馴染みがないですが

アメリカでは11月の第4木曜日に

Thanksgiving Dayというものがあり、

1週間ほどお祝い週間になります。

 

もともとは

イギリスからアメリカの

マサチューセッツプリマス植民地へ渡った

ピューリタン」と呼ばれる人たちが

船で厳しい越冬をし、

死者が大勢出たものの

その後に先住民である

インディアンから教わった

トウモロコシなどの

栽培で得た収穫を感謝し、祝うというのが

起源だったそうです。

 

最近では感謝祭明けの金曜日の

Black Fridayを日本でも取り入れている

企業もあるようですね。

 

この期間、アメリカでは

ターキーやかぼちゃのパイ、

なめらかになめしたマッシュポテトなどをいただきます。

 

彼らは肉汁で作ったグレービーソースや

意外な組み合わせのクランベリージャムの味付けでいただきます。

 

私も今年は

この感謝祭にちなんだことがしたいなと思って

フィンランド料理で

マッシュポテトやミートボールをいただきました。

 

 

ちなみに

私は生まれ育った町はこの感謝祭の時に

焼きそばと豚汁、フルーツポンチの会があったのです。

 

 

色々なイベントが増えるこの季節、

冬支度をしながら、楽しんでいきたいものですね。

チョコレートの以外な話

f:id:harukaik922:20171202220650j:plain

こんにちは。

 

だんだんと涼しくなり

陽も短くなりましたね。

 

おうちで暖まりながら、おやつと共に

ひと時を過ごすこともあるのではないでしょうか。

 

 

そこで、突然ですが、

ひとつクイズをしてみます。

 

 

ミルクチョコレートとビターチョコレートの

エネルギー(kcal)は

どちらが高いと思いますか?

 

 

正解は

 

「どちらもほぼ同じ」なんです。

 

ビターの方が甘みが少ないので

エネルギーも低そうに思えますが

カカオが多い分、脂質が高くなり

あまり変わらなくなっています。

 

ビターチョコやダークチョコは

ポリフェノールが豊富で

身体を若々しく保ったり

免疫力を高める効果が

期待されていますが、

 

一方で糖分、脂質もあるものなので

とりすぎには注意していきたいですね。

 

小さなチョコレート1片で、

30kcal前後と覚えておくといいでしょう。

 

お仕事の合間やちょっとした時間に摂るおやつも、

回数や量を調整したり、控えてみたり

あるいはその日の夕食をコントロールしてみたりと、

上手に付き合っていけるといいですね。

 

これから冬本番、

色々なイベントがある季節に入ります。

 

少しずつ、

その謂れなども

お話できたらなと思っています。:)

 

楽しみながら

冬を迎えていけるといいですね。 

 

 

 

 

ハロウィーンの夜には

f:id:harukaik922:20171031203717j:plain

 

 

今日は
収穫感謝の日の意味も持つハロウィーンです。

 

ハードロックが好きな私としては
HELLOWEENの曲が聴きたくなる時期です。

 

仮装を楽しむ方も増えていますが
ハロウィーンのたのしみといえば
「おやつをもらうこと」もありますよね。


おやつは楽しいもので
「日常のたのしみ」だったり
「特別な時間の立役者」であったり…。

 

或いは
2歳くらいまでの子どもであれば
胃が小さかったり、消化が未熟なうちなので
「第4の食事」の位置付けになります。

 

そのため
保育園や小さな子どものためのおやつには
おにぎりやサンドイッチが
供されることもあるのです。

 

 

大人でも、
昼食から夕食までの時間があいて、
空腹感があるようであれば、
おにぎり程度の主食を夕方くらいに摂っておいて
夕食を軽めにすると
食べ過ぎを防ぐことができます。

 


皆さんは普段、

どんなおやつを選びますか?

次回はもう少し詳しく
触れていきたいと思います。

 

 

楽しい秋の夜長、ハロウィーンを楽しんでくださいね。

 

 

f:id:harukaik922:20171028173323j:plain

雨の日が続いていますね。

 

寒暖の差が激しいときこそ
免疫力のアップが大切です。

 

日頃から
ちょっとしたことを取り入れて
寒さや乾燥に負けない身体を
つくっていきましょう。

 

免疫力アップのためにも、
日々の中で、お肉やお魚
大豆製品、卵といった良質なタンパク質を摂ることが大事です。

 

 

脂身の多いお肉を頻繁に摂りすぎることは
好ましくないですが
私はこういった食材を
気分や調子によって
使い分けることをおすすめしています。

 

 

赤身の多いお肉やお魚は
鉄を多く含みますし
鶏肉は時間が経っても
脂がかたまったりしにくく、取り入れやすい。

 

 

簡単に済ませたいときは、
ツナ缶や卵。

 

様々なバリエーションが生まれますよね。

 

 

身体を暖める

カレー粉、胡椒などの香辛料や
ねぎや生姜といった
香味野菜、きのこと一緒にソテーしてあげると
おいしく召し上がれます。

お弁当などにも簡単です。


冷たい雨の日も続きます。
暖かくしてお過ごしくださいね。:)

 

 

「書く」魔法

 

唐突ですが

 

日々、思ったことや感じたことを

アウトプットすることっていうのはとても大切なんだと

最近改めて感じています

 

 

体重を落としたい、

日々、より健やかになっていきたいと思う時

これは応用することができます。

 

「書くことで、変化がわかる」

 

単純なことかもしれませんが、

結構効果があるのです。

 

 

例えば

一番簡単なのは、体重を測って記録をとったり

歩数を記録したりする、

「数字の記録」です。

 

これだけでも、日々の自分の身体の変化や

たくさん食べた日、運動した日の違いなどに

気づくことができるでしょう。

 

勿論、記録をとることを忘れた日があっても大丈夫です。

 

少しずつでも続けていくことで

うれしい効果が期待できるかもしれません。

 

 

その他にも

飲酒日記や筋トレをした回数など

具体的なことを記録するのもいいですね。

 

 

一例ではありますが

私はパソコン上で

体重を入れて、BMI(身長と体重のバランスを見る数字)が
自動で計算できるようにしてみました。

 

手帳やカレンダーに手書きで書くのもいいですので

楽しく続けられる方法を見つけていきましょう。

 

 

f:id:harukaik922:20171011201735p:plain